パパいく?

パパとお出かけ パパの育児

【潮干狩り】ファミリーにおススメ!安くて楽しい、そして旨い…パパも楽しい遊び方!

f:id:papa-outdoor:20190718213313j:image

 

ぱおんです。

今回は潮干狩り。行ったことないです、行ってみたいですね〜。よくパパ仲間にも『いいで〜!』とは聞いてました!行った事ないのに書くんかい?ですが…

 

今回は初の情報提供者の話です!

信頼できる提供者です。気づけば彼と出会ったのは、保育所の時ですから2人ともオッサンになりました。今は『こないだ2人目生まれたわ〜』と電話すると、『ウソっ!うちも生まれた!4人目っ!』『4人目っ?!!』少子化とは現実なんでしょうか?

そんなオヤジからオススメだそうです。そうパワーワード潮干狩り!検索してもらえそうです。

 

アサリ取るの?

今回の潮干狩りはちょっと特殊です。アサリやハマグリではありません。マテ貝です。僕も情報収集しながら記事を書いています。今回行かれたのは福岡県の長井浜海水浴場です。コチラでは現在アサリはほぼ取れないそうです。取れないなら、それはそれ。マテ貝も大変美味しいそうです!

 

マテ貝って?

f:id:papa-outdoor:20190519213242j:image

これが縦に埋まってます。捕獲には人類の知略の限りを尽くし、漁協のオジさんに怒られない程度の文明の器具を駆使します。行った事はないですが。

 

必要な物は?

幼馴染のオヤジ曰く

・バケツ・鍬(くわ)orショベル・熊手×人数分・塩1kg×2つほど・ソース差し(先が細いタイプ)×人数分・ペットボトルの水(飲料用)

僕が調べた結果も⬆︎これで充分でしょう。あれば便利な物もあるでしょう。サンシェード。アウトドアする方はわかると思います。日除け用の簡易テントのような物。インドア派のオヤジの皆さん『次いつ使いますか?』

キャンプなどする時も一緒です。とりあえずは必要最低限で充分。『ああ、あれがあればよかったなぁ…』と感じたら装備は増やしましょう。『ホンマにオモロイんか?』と疑い『来年もまた行こな〜』となればフル装備で!

 

↓僕がいつも使ってるサイトです!たぶん、アウトドア商品はココが一番かな!

服装は?

(潮干狩りのシーズンは基本4月〜6月)

長袖➕長ズボン➕汚れてもいい靴

あれば長靴で!(サンダルは…)

アウトドアは基本、あったかい格好で!暑けりゃ脱ぎゃよろしい。

 

どうやって捕獲しますか〜??

f:id:papa-outdoor:20190523164247j:image

まず鍬やショベルで軽く掘ります。小さな穴を発見したら、そこに塩を流し込みます。

f:id:papa-outdoor:20190523164307j:image

『父ちゃんとれたで〜!!』

そう!3歳児でも簡単に取れます。パパは死ぬ気で捕獲しましょう。パパの威厳の為ですね笑

 

あとは楽しむのみ!

f:id:papa-outdoor:20190523164107j:image

子供達は慣れるのが早いですね〜!

この日、地元のテレビ局が取材に来ていたらしく

リポーター『あそこに興奮している家族がいますね!話を伺ってみましょう!』からテレビ出演したそうです笑

 

帰って晩酌ダァーーーーっ!!

ペットボトルが空になっていれば、海水を汲んどきましょう。帰って食べる前に塩抜きという作業があります。ペットボトルに水が余ってたら?お手手洗いましょう!

 

まとめ

・鍬かショベルは必要

・潮干狩りシーズンは4月〜6月

・潮干狩り=アサリではない

 

後悔した事

・とにかく汚れる。すんごぉーい汚れる

・車ドロドロ。次回は絶対ビニールシートを敷くそうです

・テレビにでるならヒゲを剃って行くべきだった笑

 

注意

・長井浜海水浴場で潮干狩りをする場合、大人1人500円、子供は無料だそうです。どこまでが子供?わかりません笑。地元の漁協の方が随時、集金で回られているそうです

・今回の記事は『なにしよかぁ?』と悩んでいる新米パパの皆さんに向けた記事です。『行こか!』となられた方は、地元での潮干狩りをしっかり検索されて下さい。海は潮見表を確認や、各地での漁協のルールなどがあります。

 

 

さいごに

f:id:papa-outdoor:20190523164347j:image

『俺は顔出しOKや!』と言ってましたが、子供達の為にモザイク加工しときました笑

 

マテ貝は酒蒸しや、バター炒めにして食べたそうです

 

○○家の皆さん情報提供ありがとうございました。