パパいく?

パパとお出かけ パパの育児

【初めてのレザークラフト?】15年来の相棒が死にかけなので修繕してみる!【素人】

突然の台風で休日になり、前々から気になっていたレザークラフトにチャレンジしてみた!とは言っても、何かを作り出せた訳ではなく修繕作業です!

 

 

 

問題のコレ!

f:id:papa-outdoor:20190816021356j:image

ラルフローレンの革製のキーホルダー、約8年使用。革が切れた訳ではなく、縫い目が切れてほどけたよう。新品に買い換えてもいいのだか、愛着から直せるなら直したい。

死にかけている…。

 

街の革修理のお店に修繕を相談したら、5,000円と言われ『それなら買い換えるわ!』となり、自分で直せなければ買い換える予定。

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816021839j:image

 

とは言っても初めての事で、直せる保証もないし。今回はとりあえず、あり物でチャレンジして上手くいきそうなら勉強しよう笑。

 

100均で買った裁縫道具と糸。糸は真綿が良いらしいが白色しかなく、茶色のポリエステルならあったので今回はコレで…。

 

縫う針は革を傷つけないように、先が丸い物が基本らしいが、すぐに購入できないので普通の裁縫の針を使用。

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816022608j:image

 

せっかくなので長年の汚れも落とそうと、とりあえずぬるま湯につけた。

 

 

10分くらい放置してみると…

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816022729j:image

 

『めっちゃ汚れてるわ…』という事で、ここでガンガンに洗う事を決意!

 

 

何か革でも洗える物を持ってなかったか、探す…

 

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816022856j:image

 

コレならいけそう!

JASON MARKKの洗剤!

これはスニーカーを洗う為の洗剤です笑。侮るなかれ!ホワイトのスニーカーをこよなく愛す僕の必需品♪

 

 

多少の汚れがダサさの原因のホワイトのスニーカー…。コイツで洗うとメチャメチャ綺麗になる!

気になる人はリンク貼っときます(^^;;

 

 

 

 


size? & Jason Markk Cleaning Series – Episode 1: The Solution

 

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816023520j:image

 

レザーの靴がイケるなら、ギリ大丈夫だろう!それに、天然素材で出来てるから革にも優しいはず…たぶん笑。

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816101915j:image

 

 

ガンガンに洗う作業。

一応、気を使ってJASON MARKKの柔らかいブラシで洗う。たぶん…大丈夫なはず笑。

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816024019j:image

 

2回目のすすぎで、この汚れ…。8年の使用感、ハンパない。

 

とりあえず洗いの作業はこれで終わり。

 

ここで作戦のミスに気づく。

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816024341j:image

 

何も考えずに洗っていたので、少しほどけてしまった…。何かで縛って洗うべきだったかな?!

 

 

それともう一つ。

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816024453j:image

 

切れてしまっていた箇所を確認すると、他もだいぶやられてたので全解体する事にした。

それなら、解体してから洗えばよかった…。

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816024829j:image
f:id:papa-outdoor:20190816024825j:image

 

 

そんなこんな初めてにはトラブルは付き物だが、とりあえず解体作業まで終了。

 

あとは縫うのみ!

とは言ってもココからが問題…。

装備も貧弱だし、やり方も…まったく分からない。とりあえずやってみる。

 

 

ちなみに真綿の糸に松ヤニかロウを塗って切れにくく強度を上げる!らしい。

確か【情熱大陸(TV)】か【クレイジージャーニー(TV)】か【YouTube】か…凄腕の革職人の方が言っていた。

まさか自分がやるとは思わず、情報元が思い出せない。

 

 

ここでも何か使える物はないか…?

 

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816025702j:image

 

いけそうなのがあった!

 

Whitehouse  Coxのクリーム!

 

愛用の財布がWhitehouse Coxだからお手入れ用に持ってるのだが、店頭の方が『ロウが入ってる!』と言ってた!

たしか…笑。

 

 

 

もうWhitehouse Coxの財布も8年くらい使ってるので、買った当時の事なんか思い出せない。

 

 

ただ、たしかに言ってた記憶はある。その時に『へぇ〜…』と思った…はず!笑

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816030229j:image

 

ポリエステルの糸にロウを塗る行為に、意味があるのかないのか?僕にはわからないが、とりあえずやっておく。

 

塗った!という実績と経験が、達成感を生むだろう…。

 

 

約30分後

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816030616j:image

約半分を縫い終わる…。

 

 

 

約1時間後

 

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816030839j:image

あとちょっと…。

 

 

 

そして縫い終わる…と思いきや、トラブル発生…。

 

終わり方がわからない…。

 

 

頑丈に結んだ方が良さそうだから…どう結ぶ…?

 

悩んだ結果、知ってる限りの頑丈な結び方をした!

 

 

クリンチノット!笑

 

 

 

釣りの時に使う結び方…!いいかどうかは、たぶん革職人もチャレンジした事ないから、わからないと思う。

 

とりあえず止まってくれたみたいで安心した…笑。

 

f:id:papa-outdoor:20190816031747j:image

出典http://www.gosen-f.jp/knot/

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816031959j:image

 

こんな感じに仕上がった!

 

お手入れ!

実は洗ってから、乾燥する前に復元する為に縫った。

洗いで油分が抜けて、カチカチになってからでは縫いにくいかな?と思った為。

 

乾燥後、やっぱりパリパリ感が否めない。

 

 

 

ここでも何か使える物を探す…。

 

 

 

f:id:papa-outdoor:20190816032319j:image

 

あった!あった!

奥さんのハンドクリーム♪ちょっとお高そうだが…拝借する。

 

人間の手に良いなら、革にも良いだろう!説。

 

 

保湿効果??ドンドンとしっとりしていく!

油分が抜けてそうなので、たっぷり塗り込む。

(奥さんごめんよ笑)

 

すぐにしなやかに、柔らかくなった!なにより良い香りもしてくる♪笑

 

 

しばらく放置して、最後の仕上げ!先程のWhitehouse  Coxのクリームを軽く塗ってブラッシング!

 

f:id:papa-outdoor:20190816032755j:image

 

完成〜!

久しぶりにいつもの姿が戻ってきた♪

作業の全てが、素人の謎行為オンパレードだったが自分でやる!ってのが気持ちいいですね。

 

これにて【初めてのレザークラフト】?修繕?は終わるのだが、次切れないうちにどーしようか決める事にしよう。

 

いつかは趣味のアウトドア小物とか作れるように、なりたいな…。

 

今回のきっかけ

実はこのキーホルダー。購入し愛用して約15年になります。正確に言うと今使っている物は2代目になり、初代から合わせて同じ物を約15年使っている。

 

18歳の頃、大阪アメ村の今はなき名前も知らない2階の服屋。四ッ橋筋に出る手前のビルの入り口には、細長い看板がひっそりと置いてあった。

なにで知ったか?今では思い出せない。当時はスマホがない時代だった為、自称アメカジ好きの僕も雑誌くらいしかショップの探し方を知らなかったので雑誌で知ったと思う。

 

そのショップは、おじさんが1人で営業していた。初めて訪れた時に

『〇日〜〇日は買い付けでいないから開いてないよ!』と言われ、アメリカに買い付けに行っている事を知った。

 

若かりし僕は『アメリカで直接買い付けに行く店を知ってる!』それだけで優越感を感じて、常連になった。

何度目かのショッピングの時、レジ横に並んでる小物に目移りし、その時にこのキーホルダーと出会った!

その当時はダブルアール(RRL  ダブルアールエル)が少し日本でも話題になっていて、僕もシャツを死ぬ気で買った笑(若者には手を出せる値段じゃない…)

とんねるずのノリさん(木梨憲武)がテレビで着てた事で知ったんだと思う。

 

 

そんなこんなで、僕のなかでラルフも少しずつ見直すキッカケにもなって購入した。

(女子高生のセーターなどで、ラルフやポロを着る人が多くなってたので避けていた)

f:id:papa-outdoor:20190816015945j:image

f:id:papa-outdoor:20190816020030j:image

新品と現状が違いすぎる笑

ちなみに6,000円くらいで購入した。25歳くらいの頃、お店の従業員に自転車を貸したら、自転車と革部分がちぎれた鍵が帰ってきた…笑。

理由は省略しますが、それにて初代とはお別れした。

 

初代とお別れして間もない休日に、たまたま立ち寄ったそごうだったかで、ラルフローレンのショップがあった。

初代は購入時におじさんが『アメリカで買った!』と言ってたので、初代に変わる物を探して。

 

すると…

 

『同じのあるやん!』

 

『オッチャン…どうゆう事??笑』

 

謎の疑念が一瞬よぎったが、即購入し2代目誕生。

公式ショップで購入してるので、偽物という事はない。また、おじさんの店でも買い物は沢山しているので信用しているし、疑う事は一瞬だけ笑。

流通の問題だと思う!

 

 

それから現在の33歳まで愛用してるので、いつもポケットにはコイツがいた。鍵を無くした事は1度も無いし、忘れた事も数度しかない。

 

ポケットにいる感覚を覚えているので、簡単には手放せない。

 

今回の修繕で少しは持つだろうが、3代目にするか?

新しい物を持つか…?

 

今では値段は安く感じる歳になり、新品を購入する事を迷ってる訳ではない。

 

革製品特有の、長年の愛着があるからどーするか迷う。

 

是非皆さんも、長年愛せる革製品に出会って欲しいと思います。

 

 

 

今週のお題「人生最大の危機」