パパいく?

パパとお出かけ パパの育児

もしもテントが飛ばされたら…?安全にキャンプを楽しむなら鍛造ペグを知っておこう!【子供とキャンプ】

ペグとはテントやタープなどの、大型のギアが風で飛ばされないように地面に固定する大型の釘や杭のような物。海の近くや山間では、突然の突風に襲われる事も…。特に子供達と一緒にファミリーキャンプを楽しむなら、安全にも考慮したい。今回は大型ギアを安全に設営する為のペグのお話。

 

これからキャンプにチャレンジしようというアナタも聞いた事や、見た事はありますか?

このペグという物が、一言では言い表す事が出来ない程、種類やシーンに合わせた使い方があるんです。

今回はそんなペグを初心者の方や、初めての方でもわかるように徹底解説していきます!

 

これがペグだ!

f:id:papa-outdoor:20190807203628j:image
f:id:papa-outdoor:20190807203624j:image

LOGOS(ロゴス)

この2つが一般的に初期の頃に使うペグ。イエローの方がプラスチック製。シルバーの方がステンレスやスチールで出来ている事が多い。

テントなどを購入すると一緒に同梱されている事がほとんどで、初めてはベテランもみんなが通るペグなのです!

 

基本の説明

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IRIE LIFEさん(@irielifecamp)がシェアした投稿 -

形状通り、勿論とんがっている方を地面へブッ刺す!

大きなテントにはペグ穴という物があり、本体を直接地面に固定する時に使う。

また、大型のギアは本体のみの固定では突然の突風などに耐えられない事もある。その為、本体から四方八方へ伸ばしたロープで強力に固定する必要がある。そのロープをペグに引っ掛け、ロープを固定する時にもペグを打つ。

※ちなみにペグを打つことを多くのキャンパーは、ペグ打ちと言うので、是非ドヤ顔で使ってください笑。

 

ペグ打ちを理解しよう!

f:id:papa-outdoor:20190808135357j:image

写真https://www.goodspress.jp/howto/9332/2/

ペグ打ちは大型ギアの固定強度を上げる為に行います。そこで1番重要になるのはペグを打ち込む角度です。写真を参考にして頂きたいですが、必ず角度を意識して打ち込むようにしましょう!またペグ打ち用のハンマーには引き抜く際の引っ掛ける部分があるので、思い切ってしっかり打ち込んでほしい!

※ロープはしっかりピンと張ろう!

 

ペグの種類

『ペグって鉄でできてるんでしょ?』と思ったアナタ。ペグの素材は沢山の種類が発売されています。また各々に特徴があるので、順に見てみて下さい。

 

アルミ製

f:id:papa-outdoor:20190808181526j:image

写真 Azarxis ペグ 

アルミニウム製と言っても種類がある。

・アルミニウム

・アルミニウム合金

・ジェラルミン

と、キャンプギアの説明では3種類の素材名が多い。上から順に強度と価格が上がっていくのだが、変形に気をつけないといけない種類にあたる。1番身近に使われているのは、アルミ缶やフライパンなど。ジェラルミンの中には超超ジェラルミンと呼ばれる最硬度の物も存在し、航空機やスポーツ用品に使われている事も。

一般的には弾力性があると表現されるが、ペグとしてはどうだろう。

しかし、特徴としては加工が容易な為、さまざまな形状のペグが販売されている。またペグの中では凄く軽量で、重量を減らしたい方やトレッキングやバックパックに荷物を詰めて移動をする方にはオススメ!

 

参照アルミニウムとは - アルマイト/アルミニウムとは | 耐摩耗性の向上を目的とした潤滑アルマイト「カシマコート」の株式会社ミヤキ

 

ステンレス製

f:id:papa-outdoor:20190808181728j:image

写真 Colemanステンレスペグ

ステンレス製は錆びにくく、汚れにくいといった特性を持っています。鋼とクロムの合金で、stain(汚れ) less(にくい) steel からステンレスという名前になってます!

主に、シンク(流し台)やスプーン、フォーク。水筒などの水に関係する小物や水回りに使われています。一般的に金属は水に弱く、腐食してしまいますがステンレスは特性を生かし、水に関係する物に多く使われています。

重量はアルミの約3倍ほど。

少し重くはなるが、錆びにくい汚れにくいという特徴を生かして長持ちにも期待できますね。

 

参照ステンレス(SUS)の特徴 錆びない理由やその用途・メンテナンス | アルミ加工・ステンレス加工<金属加工・短納期>|メタルスピード

 

スチール製

f:id:papa-outdoor:20190808182046j:image

写真  Soomloom スチールソリッドペグ

スチールは重くて錆びる。なので表面にサビ防止の為の塗装が施されている物が多い。しかし、アルミなどに比べて安価という特徴も!

テントやタープといった大型ギアに同梱されているペグの多くはスチール製の為、キャンパーが最初に保有する事が一般的。

また、スチール製のペグで代表的なネイルペグはペグの頭の部分(ハンマーで打つ部分)がプラスチックで出来ている為、ペグ打ちの際に割れる事も…。

 

参考【アルミ・スチール・ステンレス】それぞれの違いと特徴 | 物置チョイス

 

鍛造製(たんぞう)

f:id:papa-outdoor:20190808182802j:image

写真  エリッゼ(ELLISSE) 鍛造ペグ

多くのキャンパーが【頑丈なペグ】を求めて、購入する。購入の際、迷ってしまうのが鋳造(ちゅうぞう)との違い。

鍛造は金属をたたいて成型する加工法で、鋳造は金属を溶かして液体にし、型に流し込む加工法です。どちらでも同じかたちの部品をつくることはできますが、たとえ同じ見た目のものをつくっても、両者には大きな違いがあります。

中略

鍛造はたたく過程で金属の結晶を整え、気泡などの内部欠陥を圧着させるため、粘り強さが生まれます。

引用鍛造と鋳造の違い|鍛造品・機械・製缶加工品なら兵庫県姫路市のシンエイコーポレーション

 

鍛造とは包丁職人や刀鍛冶などの映像をご覧になった事がないでしょうか?真っ赤になるまで熱した鉄を『カンカン』と叩く。これによって強度が増すのですね。硬度、強度を求めるなら鍛造ペグ一択です!

 

ことわざの『鉄は熱いうちに打て』も鍛造からきているのでしょう!

鉄(てつ)は熱いうちに打て

1 鉄は、熱して軟らかいうちに鍛えよ。精神が柔軟で、吸収する力のある若いうちに鍛えるべきである、というたとえ。
2 物事は、関係者の熱意がある間に事を運ばないと、あとでは問題にされなくなるというたとえ。

引用鉄は熱いうちに打て(テツハアツイウチニウテ)とは - コトバンク

 

アイディア自由自在!

ペグはテントやタープなどの大型ギアの固定だけにあらず!その頑丈さと地面に固定する力、それとアナタの自由な発想で即興ギアが!

 

香取線香!
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🆃🅰🅺🅰🅷🅸🆁🅾 🐼さん(@takagram35)がシェアした投稿 -

 

香取線香もなんかオシャレ?!この使い方なら四方からシャットアウトできそう^_^

 

ちょっとした収納に!
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#58/Masatada Kobayashiさん(@kbys_58)がシェアした投稿 -

 

ペグを3本組み合わせて、クッカーをかける!ソロキャンプなどでも活躍しそうなアイディア♪

 

コーヒーのドリップに!
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

やんちゃまんけんたいさん(@ytmkt_camp)がシェアした投稿 -

 

えぇぇっ!こんな使い方もありなんですか?!コーヒーをドリップするだけで注目される事、間違いなし!

 

串を固定!
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

けんけんさん(@ken0719ken)がシェアした投稿 -

 

美味しそうな魚の塩焼き♪と思いきや!その串はペグで固定∑(゚Д゚)何でもありな発想に感服!

 

 

ジャグ置きを即興DIY!
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yasuさん(@yasutarou0209)がシェアした投稿 -

 

これなら忘れ物の多い僕でも、ペグさえ持っていれば…って、天板も持っておく必要がありますね^^;

 

リードを固定!
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenzo Araiさん(@kenzocojp)がシェアした投稿 -

 

ワンちゃんが一緒でもペグがあれば安心!

『ちょっと待っててね♪』

『いつまでここに繋ぐねん…💢』笑

 

 

ユーモアセンス抜群!!
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sotozukiさん(@sotozuki83)がシェアした投稿 -

 

これは100均で見つけたとか?!ドリンクホルダー移動可能!笑

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チリ平 もじゃ島さん(@mojyashima_chirihei)がシェアした投稿 -

 

頑張って僕がテントを守ります!

可愛いすぎる!!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kanazaki88さん(@kanazaki88)がシェアした投稿 -

 

『マドラーなかったっけ?』

『あっ、ちょうど良い細くて長い棒あった!』

アイディアが自由自在すぎる笑

 

オススメペグ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takashige Suzukiさん(@biolumini_jp)がシェアした投稿 -

キャンプ場によっては地面が固くて、ペグが刺さりずらい場所も多く存在します。最初は同梱のスチールペグでもいいでしょうが、天気予報などをチェックし、強風時には不安が残ります。プラスチックペグは…今のところ、僕には使い道がわかりません…笑。

僕は圧倒的に鍛造ペグをオススメします!あとはペグを使う場所やシーンによってアルミ合金やジェラルミンの軽量ペグを使い分けると良いでしょう!

 

鍛造ペグ

 

 

 

 

ジェラルミン(アルミ合金)

 

 

 

関連商品

 

 

 

まとめ

ペグはテントやタープを買った時に、ほとんどの商品に同梱されています。しかしアウトドア

、キャンプには危険も付き物。すこしでも安全に楽しむなら、少し良い物を考えてみてもいいのではないでしょうか?