パパいく?

パパとお出かけ パパの育児

【DIY好き必見】自由自在に変化するキッチンテーブル♪DOD・テキーラシリーズ

最強の自由自在なキッチンテーブルを発見しました♪その名も

『DOD・テキーラレッグ!』(◎_◎;)

 

以前ファミリーキャンプで使えそうな、オシャレ可愛い&カッコイイキッチンテーブルを徹底リサーチしました。そんなリサーチ中に、実は発見していたのですが…。

詳しくリサーチが必要だったので今回、徹底リサーチさせて頂きます!

 

DODとは?

ベテランキャンパーの皆さんには【DOPPELGANGER OUTDOOR ドッペルギャンガー】と言った方が伝わるでしょう!

 

ドッペルギャンガーが2018/2月よりDODにブランド名を変更しています。とは言っても…

f:id:papa-outdoor:20190812110248j:image

名前が長い事と、親会社が運営する自転車ブランドとの混同を避ける為。だったそうです!

 

DODはお手頃価格、オシャレを武器に多くのキャンプ初心者を誘惑するアウトドアブランドです笑。

 

これからファミリーキャンプにチャレンジされる方も、必ずDODの製品を購入するか?迷いに迷ってしまうと思います。それほどに個性的でいて、他にはないチャレンジングな製品が多いように思います。

 

 

最近のヒット商品と言えば、やはりなんと言ってもカマボコテントでしょう!

 

f:id:papa-outdoor:20190812111352j:image

 

今現在、ファミリーキャンプの定番になりつつある2ルームテントの先駆け!カマボコテント。なにより、その開放感と設営の簡単さを武器に多くのキャンパーが愛用しております!

 

f:id:papa-outdoor:20190812111530j:image

 

f:id:papa-outdoor:20190812112123j:image

 

全方向が開閉式になっているのは勿論、メッシュにもなるので、暑い季節のファミリーキャンプでも安心。暑さ対策の通気性や、害虫対策のメッシュ構造!

 

そしてカマボコテントの何が個性的かと言いますと、ツールームテントが1人で設営ができるように設計した点です。これまでツールームテントは大きいがゆえに、どうしても設営が大変でした。

 

ファミリーキャンプで使用する際は、お子さんが小さいとママがなかなか設営に参加するヒマがなかったりします。よくキャンプ場で1人奮闘するパパを見かける事があるのですが、多くの場合ツールームテントの設営に手こずっておられます。

 

その点、DODのカマボコテントは支柱がカマボコの様に支える形になっています。片側を固定すると、もう一方を引っ張りながら固定していくという設営方法により、大きなツールームテントを1人で楽に設営する事を可能としました!

 


カマボコテント T5-460 設営動画

 

 

でキッチンテーブルは??

また話が脱線してしまいました…笑。

今回はそんなDODから発売されている自由自在なキッチンテーブルのお話です。

その名も【テキーラレッグシリーズ】

 

まずキッチンテーブルに関してですが、以前記事でも説明しました。各社から便利で機能性が高い、それでいてオシャレ!なキッチンテーブルが発売されています。

しかし、オリジナル性と自在性を求めるならDIYがオススメという事になりましたね。

まだの方は是非一度見てみて下さい↓

 

www.kodomocamp-papaiku.site

 

 

確かに自作すれば自由自在に、それでいて愛着の湧くキャンプギアが作れるのでしょう。僕もキャンプが大好きですが…さすがに日常のお仕事をしながら、休日にキャンプギアを自作する元気は残っておりません。

 

何か自由に、便利にキッチンテーブルを用途に合わせて変化させられるような製品はないものか??

 

やはりDOD♪  ユーザーの希望がわかってらっしゃる!テキーラレッグというキッチンテーブルのパーツがシリーズとして、発売されていました。

 

テキーラレッグシリーズ!

 

f:id:papa-outdoor:20190812141333j:image

 

f:id:papa-outdoor:20190812154927j:image

 

このアイアンパーツの脚にあたる部分をDODでは【テキーラレッグ】として発売しています。

・低い脚を【テキーラレッグ】

・高い脚を【テキーラキッチンレッグ】

 

f:id:papa-outdoor:20191001222045j:image

 

・ランタンフックが付いた【テキーラランタンレッグ】

 

f:id:papa-outdoor:20191001222253j:image

 

天板部分

・アイアンのみの細い方【テキーラプレートS】

・幅が広い方が【テキーラプレートM】

 

 

この5種類のパーツを組み合わせる事で、自由自在にキッチンテーブルを組み上げる事ができるのです!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

es040rgr 𓅕さん(@es040rgr)がシェアした投稿 -

 

そして棚板はDODから発売されているテキーラプレートを組み合わせる事も良いのですが、面白いのがココから!なんとホームセンターで買える安価な木材で代用できるように、最初から設計されているのです!

 

ホームセンターに行くとSPF材という木材が売られています。よく価格表記と一緒に2×4(ツーバイフォー)や、1×6(ワンバイシックス)とサイズが書いてあります。

この1×(ワンバイ)の木材を買ってくれば、自由な長さでキッチンテーブルを作る事ができる。勿論カラーやワックスの感じも好みのままに自作する事ができるのてす!

※1×4(ワンバイフォー)などの数字はセンチメートルではありません!

 

家族が多く荷物が多いご家族は、棚板を長めに取る。もしくは棚板の段を増やす等、自在性に富んでいます。

現在手持ちのキャンプギアが、明るいカラーが多い方は木材のそのままの雰囲気を残したワックスがけをするのもいいですね!

楽しいのは、現在DIYブームもあって、塗料やワックスが色々と発売されています。ヴィンテージ風ワックスや、可愛いパステルカラー塗料など。自分らしさ、ご家族の雰囲気に合わせて、お子さんと一緒に作るのも楽しいかもしれませんね♪

 

設営方法

 

f:id:papa-outdoor:20191002135432j:image

 

設営は非常に簡単!テキーラレッグ、テキーラキッチンレッグ共に、上部から自作天板やテキーラプレートを差し込む。その時にテキーラレッグは八の字に立つように組む事がポイント!

 

f:id:papa-outdoor:20191002135710j:image

 

作業台の下部分にテキーラプレートやワンバイ木材を入れることができます。ウォータージャグや食器など必要に応じて収納スペースを作り出すことも可能です。

 

これからファミリーキャンプを始める方がキッチンテーブルを選ぶ時に、重視するのは作業スペース。なので各メーカーから発売されているキッチンテーブルも、作業スペースは割と広めに確保されています。

 

使い勝手の良い作業スペースを確保するには、何も置かない事を心がける。

ご自宅のキッチンを思い浮かべて下さい。何か作業を始める時には、今使わない物は収納スペースへと納めると思います。アウトドア・ファミリーキャンプ時も一緒です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tt_camp_さん(@tt_camp_)がシェアした投稿 -

 

使い勝手の良いキッチンテーブルには、収納スペースが確保されています。このテキーラレッグも同様、低い位置に屈まなくていいようにクーラーボックスを配置したり、下段にウォータージャグを置いたり。アイアン部分にクッカーを引っ掛けたり。

 

作業スペースを確保する為に、下段やアイアンまで有効に使えるので作業スペースを確保する事が出来ます!基本的な設営方法さえわかっていれば、それぞれのご家族の必要に応じて変化させていきましょう♪

 

関連商品

 

 

 

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

これからファミリーキャンプを始める方は、使い勝手の良いキッチンテーブルの選び方は頭の片隅に入れておきましょう。

 

またすでにファミリーキャンプを楽しまれている皆さんは、『みんなと一緒のキャンプギアは嫌だなぁ…』なんて思ってしまう方も多いのではないですか?

 

半分DIYのテキーラレッグ!普段からDIY好きな方は特に、オリジナルキャンプギアの作成に1度チャレンジしてみるのも楽しいと思いますよ^_^

 

www.dod.camp