パパいく?

初めてのファミリーキャンプ パパとお出かけ パパの育児

初めてファミリーキャンプ行くなら必要…?!あったら便利なキャンプ道具紹介!

 

今回は【あったら便利なグッズ】です!要するに、なくてもいいです笑。何度も言いますが、いきなりフル装備のキャンプを始めると凄く後悔します。『あれイイなぁ〜、コレ欲しいなぁ〜!』と絶対なります。

 

『アンタ、似たようなヤツ持ってるやん!』と奥さんに怒られる事でしょう…。もう一度言います。

【あったら便利なグッズ】

とりあえず行って、少しずつ装備は増やしていく事をオススメします!では本編〜

 

※僕にとってはなくてはならない物!それと次に狙ってる物を載せときます!

 

まずは棚!

 

 

棚!と書きましたが、キャンパーにとってはキッチンテーブルと呼んだりします。

我が家が使ってるのの類似品です。あんまり、地べたに物が散乱してるとね…。棚(キッチンテーブル)があるとなにかと便利です。

勿論キッチンテーブルとも呼ばれるくらいなので、調理にも役立ちます。お子さんとキャンプ飯を作ろうにも作業スペースが狭いと、野菜が転げ落ちるパプニングが連発なんて事も…。

 

とにかく【今は使わない物】はオシャレに置いてる風を心がけると、オシャレキャンパーの仲間入りできるキャンプギアです!実際コレが1番便利かも?!

 

www.kodomocamp-papaiku.site

 

ジャグ!

 

 

何に使うかと言うと…、料理ではありません。手を洗う用です。一々炊事場まで手を洗いに行くのは大変。まぁウエットテッシュでもいいでしょう!我が家はさっきの棚にコレを置いてます。※もちろん飲料でも可◯

ウォータージャグを使う際のポイントは、水受けを用意して設置しておく事。我が家では釣り用のバッカン(折りたためるバケツ)を下に置いてるんですが、地面が水浸しにならないように注意!なにかと汚れる原因になりますし、次にキャンプサイトを使うお客さんがいた場合、すごく嫌な思いをしてしまいます…。

 

書きながら、ウエットテッシュでもいっか。と少し思った笑。

 

干すやつ!

 

 

これは洗った後の食器を干す為に使います!僕は魚干すやつ使ってます笑。安くてオシャレなのがあったので皆さんにはオススメ!

 

もちろん紙皿や割り箸を使えば洗い物は出ません、しかしゴミが出ます。キャンプ場によってはゴミは各自持ち帰りが義務化されている場所もあります。

お試し1回目のファミリーキャンプなら紙皿などでもありですが、出来れば割れないプラスチックなどの食器が、今では100均などでも購入できます。自然保護に参加しましょう!

 

食器を干す為に使うのですが、ネットが閉まるタイプにしてくださいね。大自然のキャンプ場には小動物やカラスなどがいたり、なにより虫が飛んできたり…。

 

焚き火台!

 

 

欲しいですね〜!マシュマロとか炙ります?だいたい盛り上がるだけ盛り上がって、マシュマロ買うの忘れるのはあるあるです笑。

ちなみにまだBBQコンロを持ってない方は、コレ1台でBBQも焚き火もできますよ!あまりにも荷物が増えてしまいそうなら、BBQもできる焚き火と兼用で焚き火台1台にしてしまうのも◯

 

※小さなお子さんと一緒に焚き火を楽しむ場合、火傷などにはくれぐれも注意して下さいね。

 

www.kodomocamp-papaiku.site

 

焚き火テーブル!

 

 

我が家が狙ってるヤツです。狙ってると言ったらお知り合いに先に買われました…。少し重いって言ってましたね。

使い勝手と雰囲気は良いと言ってました♪我が家は次に買うもののリスト、トップ3には入ってます。焚き火台とセットで使うと、グッと上級者感が出ます!

 

インスタ映えを気にする方は、あると映えます!笑

 

火起こし・火消しツボ!

 

 

あると便利です!

これが無いと『さぁ寝るか〜』となる頃に、『あっ、火、大丈夫かなぁ?消えてるよね?』ってなるんです。火おこしの方は設営終わったら着火剤付けて、ほっといたら火は起こります笑。

そんな火おこしでも『不安だなぁ…』と思ってしまう方も安心!コレは火起こし・火消し兼用なので、簡単に火起こしが出来ます。

火起こしと消火が兼用とはそそられる。着火剤が不要に!

 

カセットコンロ!

 

 

初めてのファミリーキャンプの際に忘れがちなのが『気軽に用意できる熱源』。

BBQの事で頭がいっぱいになり、焚き火台やBBQコンロは用意したものの、他の熱源がないのはかなり不便。いきなり、キャンプサイトなどで紹介されるガスバーナーなどはいりませんが、ご家庭にカセットコンロがあれば是非持って行って下さい。

 

カレーを作るにしても、ホットコーヒーを飲むにしても熱源がないと作れません。気軽にお湯を沸かせるというのが、普段より寒く感じるキャンプ場においては、かなり活躍してくれます!

 

もしも電源サイト(電気が使えるサイト)の場合はIHコンロなどでもOK!

 

www.kodomocamp-papaiku.site

 

良いペグ!

 

 

購入後初めてテントを建てるのに、ほどんどの場合ペグは同梱されています。しかし、安価な物なので耐久性や固定力は…。

 

数回とファミリーキャンプを楽しむ内に、必ず性能の良いペグへの買い替えは検討する事になると思います。テントやタープなどの、大型キャンプギアの安全を確保する為にもあれば便利!

『週末の天気が怪しい…』

『海辺のキャンプ場に行く!』

 

など風が気になる場合は、要注意して下さいね。

 

www.kodomocamp-papaiku.site

 

ケトル!

 

 

先程カセットコンロのお話の時にも出ましたが、肌寒く感じるキャンプ場では、暖かい飲み物やスープ類を作る時にお湯が欲しくなります。

別にケトルじゃなくても、小鍋などがあれば充分ですが、お湯を作れる物があれば活躍します!

肌寒い子供も寝静まった夜に食べるカップ麺は、最高のお夜食♪個人的にはカップヌードルカレー味がオススメです!笑   

 

ちなみにキャンプ用語では

・小さなヤカン→ケトル

・小さなお鍋などで器としても使える物→クッカー

 

 

後悔しないポイント!

 

f:id:papa-outdoor:20190619222647j:image

 

あとは購入するもしないも、各家庭の好みの問題だと思います。購入する際に1つ気をつけておくと良いのは【素材・デザイン・メーカー・使いやすさ】などなど、どれでも良いので購入に至る条件を覚えておくといいでしょう。

 

我が家では奥さんがテーブルクロスや、食器を入れる為のオシャレな麻袋など、小物系は選んでいます。どこかヴィンテージ風のデザインを好むので、僕自身が選ぶ小物もそっちに寄せている傾向があります。

そうすると全体的な雰囲気もまとまってきますし、後から後悔したりする事も少ないかなと思います。

 

アドバイスとしては【奥さんのやる事に一々言わない】です笑。それがみんなで楽しむということ!^^;

 

注意

 

乗りますか?あなたの荷物。買ったはいいものの、荷積みした事あります?チャイルドシートは必要ありませんか?

 

段々ファミリーキャンプに慣れてくるにつれ、他のキャンパーの便利キャンプギアに目がいってしまいます…笑。

 

『あれにしとけば良かったなぁ…』

『あれ便利そうだなぁ…』

キャンプ道具は最低限、揃えたらまずは一回行ってみましょう!その後に、必要なギアを少しづつ買い足していく事をオススメします。

 

まとめ

 

・あったら便利グッズ。まぁ、無くてもいいグッズ。

・買うのはいいけど乗りますか?アナタの車。

・ってか、この記事をご覧になるということは…、そろそろ1回目のキャンプの計画立てて下さいね!笑

 

f:id:papa-outdoor:20190619191649j:image